2017年04月29日

映画: 怒り

ikari_sashikae5.jpg


灼熱の夏の日、東京・八王子市で凄惨な殺人事件が起きた。
犯人はその家の妻を絞殺した後、蒸し風呂状態の家の中で一時間待ち、帰宅した夫を包丁で刺して殺害した。
血だまりを指に塗り付けて書かれた、大きな「怒」の文字が壁に残されていた。
指紋や遺留品から、警察は山神一也という男を容疑者として全国に指名手配したが、山神は逃亡し、事件から一年経ってもまだ行方は知れなかった。


千葉、沖縄、東京。
それぞれの土地の人々の生活に、素性の知れない三人の男がするりと入り込み、親しい交流関係をつくりあげつつあった。

千葉の漁港で寡黙に働く田代(松山ケンイチ)。
沖縄の離島でバックパッカー生活を謳歌している田中(森山未來)
無職で陰のある同性愛者、直人(綾野剛)

いずれの男も、年恰好、容貌など、指名手配の犯人となんらかの類似点があった。
それに加えて身元不詳であることから、男たちの周囲の人間は信じたい気持ちと、どうしようもなくこみあげる疑いのはざまで苦しむようになる。

田代には、頭は少し弱いが明るく純粋な愛子(宮崎あおい)、そして彼女の父親(渡辺謙)。
田中には、好意を寄せてくれる少女・泉(広瀬すず)と、その友人・辰哉(佐久本宝)。
直人には、華やかで自信に満ちた恋人、優馬(妻夫木聡)。

信じるのか。疑うのか。

三つの土地に住まう人々の思惑を交差させながら、ストーリーは進んでいく---。

------------------------------
以下、ネタバレします。


DVDで鑑賞しました。
「フラガール」、「悪人」の李相日監督作品なので、見ごたえのある映画なんだろうなとは思っていましたが、予備知識入れるのは好きじゃないので、ストーリーは全く知りませんでした。

いやーとにかく演技が素晴らしかった!

李監督は演技指導が厳しいことで有名とのことですが、もともとが実力派ぞろいで華もある役者陣の演技は文句なしに素晴らしいの一言でした。

まず、千葉編では、三十路なのに二十二歳の女の子になりきった宮崎あおい。
終始すっぴん顔、しかも役作りのために7kg増量したという女優魂がすごい。
「人とちょっと違う」愛子の幼さ、もろさ、優しさを、透明感のある宮崎あおいが演じたのは正解だったと思います。中の人が成熟しているからこその説得力がありました。
そして松山ケンイチの目つきが時々怪しく、む、こいつが犯人かと思わせるミスリードもあるのですが、そんなことより「お弁当毎日つくってあげよっか?」と提案する愛子に、「いいの?」と訊いたあの表情にやられましたよ。可愛すぎて。
ある事情のせいで転々と住まいや仕事を変えてきて警戒心の塊のような田代が、愛子の開けっ放しな好意に反射的に抱く猜疑心、戸惑い、そして嬉しさを、「いいの?」の顔だけで表現してみせる松ケン、いつもながら匠の技です。


東京編では、なんといっても妻夫木聡に目を奪われました。
一流企業勤務のエグゼクティブなゲイ役なのですが、ゲイじゃなくたって見惚れるほどのよき男です。
おしゃれヒゲ、シャツのボタンの外し方、適度に鍛えられた肉体、ゲイコミュニティの中でもリア充に属するシャイニーゲイとしての自然な演技は、リアルゲイの方にも大好評だったようです。もともとすこぶる可愛い顔なので、男臭さが加わると無敵ですね。
綾野剛もはかなげでよかったです。
持ち帰りのコンビニ弁当が歩いてるうちに斜めになっちゃって、何度も直すところにツボりました。たぶんこの映画のなかで最も共感できたシーンでしたww
2人の濡れ場はかなり濃厚なので苦手な方はご注意。腐女子ならおいしい映画です。


沖縄編は・・観なきゃよかったと後悔するほどの衝撃展開でした。
広瀬すず演じる泉が米兵に襲われるシーンは奇妙な臨場感に満ち、自分も足を震わせてその場に隠れていると錯覚するほどに恐ろしいものでした。
泉に想いを寄せる辰哉を演じるのは、無名の佐久本宝。
最初はなんでこんな顔の子が、と思ったけれど、島の少年にしか見えない素朴さがあってナイスキャスティングです。

森山未來はさすがの怪演でしたが・・・なぜ森山未來が犯人役だったのでしょうか。
あの手の顔の人が犯人て、ひねりがなさすぎませんか。
こう思うのは私だけなのかどうなのかよくわからないけれど、@松山ケンイチ、A綾野剛、➂森山未來と並べれば、そりゃ犯人は森山未來になるでしょうよという・・。

ものすごく怪しい登場 → あれ? なんかめっちゃいい人じゃん → やっぱりアブないヤツだったー!!

という役は、逆に松ケンがやってもよかったんじゃないですかね?

でもまあ、もしも松ケンが犯人役だったら、私は間違いなく彼に感情移入してしまうだろうし、最初から最後まで沖縄編だけで一本の映画を見たいと願ってしまうことでしょう。
それほどまでに凶悪犯・山神の人物像に興味を掻き立てられてしまう危険性が高い。

山神(=田中)は、信頼を裏切られて憤った少年によって、沖縄の地で刺殺されました。
沖縄は美しい海に囲まれた観光地であるとともに、第二次世界大戦時も、米軍基地問題を抱える今も、日本政府によってスケープゴートにされ続け、根深い絶望と怒りを抱え込まされている土地です。

犯行現場、そして隠れ住んでいた離島の洞窟に山神が書いた「怒」の文字は、弱者のプライドを涼しい顔で踏み躙っていく何かに対する激昂の表現であり、彼は泉の身に降りかかった暴力に対してもおそらく心の底から憤っていました。

「俺は沖縄の味方になるとか偉そうなことは言えないけど、お前の味方にならなれる」

泉を助けられなかった自分の弱さを責める辰哉にそう告げた言葉は、決して嘘ではなかったと思います。
彼には、確かに弱者に寄り添うやさしさの持ち合わせがありました。
けれどその一方で、

「米兵にヤラれてる女を見た。知ってる女だった。女気絶。ウケる。」

島の岩に残酷な殴り書きをした山神も、また山神の一部でした。

「どっかのオヤジがポリース、ポリースって叫んで、それで終了だよ。逃げねえで最後までやれよ、あのクソアメ公! 根性がねえんだよ!」

無力な少女への凌辱行為を肯定する言葉を吐く理由は、山神自身が見知らぬ人間を殺害するという凶行を完遂したからに他なりません。
暴力の根源は、自尊を踏みにじられた怒りです。
誰かを痛めつけなくては自分の形が保てないほどに、傷つけられてきたからです。人生の途中からは、それが本人の思い込みや妄想である場合がほとんどであっても。

人に同情されることを何よりも忌み嫌う山神は、泉を弱者として憐みそうになる自分の一部が反吐が出るほど憎く、理不尽な力を行使する側にどうしても自分を置かなくてはならなかったのだろうと推察しますが、原作も読んでいませんので、作者の意図に近いのか、的外れなのかはわかりません。

ともあれ、森山未來の起用は過剰な感情移入をさせないという意味では成功です。
この映画の焦点は、犯人を含む三人の男の感情や人格の掘り下げに当てられることはなく、あくまでも周囲の人間の揺れ動く「信」と「疑」に主眼が置かれているからです。

笑顔
流れてくる目線
ぽつりとかけてくれた言葉
指先のやさしさ、抱き合う腕
かけがえのない出会い。
けれど、好意や愛といったものは、どれほど丁寧に育んでも、たった一つの綻びで不可逆に、永遠に失われてしまうことがある。

目の前のその人を信じてあげられなかったこと。その結末。
信じてはいけない人を信じてしまったこと。その結末。

それぞれのエピソードだけで一本の映画が作れそうなほど濃厚な、三つの土地の人間模様は並行して語られますが、並行するだけであって接点はありません。

もしほんの少しでも絡みがあれば(犯人が沖縄で殺害されたニュースを渡辺謙が目にした、とかその程度でも)、「繋がる」カタルシスがあったんじゃないかと思います。
三つの人間関係があるなら、三つ用意した意味を提示してほしかった・・と思ってしまうのは贅沢な要求でしょうか?

とはいえ、映画は素晴らしいテンポで進行していくので、少しも飽きることなく最後まで引き込まれて見てしまいました。
千葉で語られている音声が東京の映像に重なったり、同じ場所における現在と過去を交互に映写したりと、お年寄りや子供が見たら混乱するしかない編集技法なのですが、非常に効率的ですね。

千葉編を除けば、ほぼ救いようのない結末なのに、私には不思議とざらついた感覚は残りませんでした。
彼らの、これからの人生の幸を祈らずにはいられません。
特に優馬くん!(泣)

「二度と見たくない名作」と評する人もいるそうなので、心が弱っているときには避けたほうが無難かもですし、誰にでも勧められる映画ではないけれど、良質な作品でした。

posted by KIKI歌野 at 19:39| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

なつかしドラマ: ニューヨーク恋物語(1988年)

風邪で会社休みました。

先週金曜の朝、「あ、そういえば今年の冬は風邪ひかなかったぜラッキー」って思って出勤したのに、そこでなんのフラグを立てたのやら帰りには喉が痛くなってて、みるみる熱が出て土日の予定はパァ、月曜になっても熱はさがらず、今日から予定してた旅行もキャンセルしました(泣)

てなわけで、土・日・月と寝ながらドラマざんまいでした。
といっても昔のドラマですけどね。
今期のドラマも一応ひととおりチェックしてるんだけど、「逃げ恥」「カルテット」ほどの引力は今のところ感じられなくて、不完全燃焼ぎみなのです。

ああ、「逃げ恥」と「カルテット」の功罪は大きかったなぁ。
正直、格が違いすぎて「面白い」のハードル爆上げされちゃったもんなあ・・・。
逃げ恥のせいで、ブログもドラマのことしか書けなくなっちゃったし!ww

などと文句言いつつも、FOD(フジテレビオンデマンド)で昔のドラマを結構楽しんで見てまして、大好きだった「古畑任三郎」シーズン1.2.3も完走しました。
でもSMAP登場回はすべてFOD未公開なのが残念すぎる。
キムタク犯人の回好きだったのに。古畑がキムタクの顔を平手打ちするシーン、身震いするほどカッコよかったのになぁ。
SMAPメンバー全員が犯人のスペシャルももう一度見たかった。

で、古畑任三郎をコンプしたので、田村正和つながりで、往年の大ヒットドラマ「ニューヨーク恋物語」も見てみました。これは未見でした。

ニューヨーク恋物語.jpg
柳葉敏郎、真田広之の若いお顔がおがめます。

第一話を見てびっくり。
だって色男なんですわ!! 正和はんが!!(顔はどす黒いけど)
1994年の古畑任三郎のシーズン1よりさらに6年も前の作品ですので、若い(といっても45歳)ってのもあるんですが、渋くて、ワイルドで、クールで、だめんずで、情けなくて、登場するほぼすべての女が正和はんにイカれてしまう設定も無理からぬことに思えました。「えーー・・ご無沙汰しています。古畑任三郎でございます」って言い出しかねない髪型なのに!

見知らぬ若い女子のスカートに飲み物こぼしたら、すぐ新しい服買ってあげたり。
見知らぬ女のほどけてる靴紐を、ひざまずいて結んであげたり。
アイスピックをバーカウンターに突き刺して白人男に凄んでみたり。
時にはボコられて血まみれになってみたり。

その田村正和の相手役は岸本加世子なんですけども、私はどちらかというと桜田淳子が美しいことに目を奪われました。
ファッションもザ・80年代でカッコいい!
ショートのソバージュに赤い口紅、戦闘服みたいな肩パットの攻めファッション。
ハイウエストのパンツも、太眉も、今のファッションとつながってて、おしゃれだなァ〜と感心してしまう。
どこでもいつでも煙草プカプカはついてけないけど。

私、日本のドラマで、俳優が会議か何かで英語喋るシーンがちょっと苦手なんですよ。
「仕事バリバリできます」の小道具として使われるだけの英語なので、実際は大したこと喋ってないのがなんかもう恥ずかしくて。

でもこのドラマの桜田淳子の英語は、プロのトレーダーとして実にそれっぽくて、抑揚も自然でのびのびしていて、しかもニューヨークらしい(?)早口加減だったので聞き惚れてしまいました。
実際の彼女は英語が苦手だったと聞いてますます尊敬。
彼女の宗教のことさえなければ、女優として今も活躍していたかも。

しかし、このドラマ、11話ほぼすべてニューヨークロケですよね?
バブルど真ん中のキー局の潤沢な予算がしのばれますが、単におしゃれな舞台を提供するためにニューヨークを選んだのではない、というところが良い。
田村正和演じる田島という男のアウトローな存在を、泥臭くなくストーリーに溶け込ませるためには、舞台が異国である必然性があったんじゃないかと思います。

賢いけれどあまり魅力のない女が、危険な香りのする男にどうしようもなく惹かれ、やがて見る影もなく落ちぶれたその男を守るようにまでなる・・・

いやークッソ面白いドラマでした!
カップル三組中二組が別れちゃうとこも斬新!

大人の恋愛ドラマって、今はあるようでないですよねー。
いや、一見あるように見えるんだけど、結局は大団円のハッピーエンド(いやそれも好きですけど)とか、昼ドラ的ドロドロとかですし、男女の惚れたはれたくっついた離れたを、ここまでど真面目に見せてくれるドラマは今はあまりないんじゃないかな。
「岸辺のアルバム」見たときも思ったんだけど、昔のほうが清濁併せ呑む大人のドラマが受け入れられやすかったのかも。
「昔のドラマのほうがよかった」とか言うつもりはないですけど。

だってドラマの何が好きかっていうと、映画と違って次回放映を待つ贅沢な楽しみがあることだから!
だからいつだって一番ワクワクするのは、新ドラマで大当たりを確信した瞬間です。
オンタイムで追ってこそドラマは最高に楽しい。スポーツ観戦が生中継に限るように。
今期はまだそれがないけど・・・しゅん・・・
だからせめて、古きを温めて新しきを知るの精神でね。


posted by KIKI歌野 at 10:00| Comment(0) | ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

今年の桜は遅咲きでした(in 東京)。
どうにかこうにかやっと満開になったかと思ったら、悪天候のためほとんど一瞬で終了・・・。
お花見は計3回行ったけど、

咲いてなかった → まだらになってた → ハゲ散らかしてた

のホップ・ステップ・沈没でございました。
いいもん。どんな桜だって綺麗だもん(泣)

そんな傷心の春ですが、ただいま高橋一生様の出演作を追っかけてる最中でして(のわりに大河見てないけど)、放映当時は丸無視してた「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」通称「いつ恋」をフジテレビオンデマンドで見ました。

いつ恋.jpg
「カルテット」の坂元裕二センセの脚本。

重く辛い事情で地方から出てきて東京でひっそりと暮らす、若く貧しい男女の純愛物語です。
高橋一生出てなきゃ一生見ないやつです。あ、シャレじゃありません。

主演は有村架純と高良健吾ですね。

高良健吾、ファンではないけど、いい俳優さんだと思います。
彫刻のような顔立ちなのに(第一話の寝顔の美しさよ!)、いい意味で美形と感じさせない何かがある。
切っ先鋭いナイフみたいな危うさがあるけど、愚直なほど優しいこんな役もきちんとこなしています。

有村架純は可愛い! 男目線で見ざるを得ない可憐さだわー。
女優にしてはそれほど小顔じゃないんだけど、もったりした輪郭の垢ぬけなさがなんか逆に愛おしい。

で、全10話を見た感想は・・・うーん、全体的には悪くはないんですが、ちょいちょい首を傾げてしまったドラマでした。

(以下ネタバレ含みますが、あらすじは書きませんので、見てない人には何がなんだか・・だと思いますw)


人情紙の如しの東京砂漠を描写するシーンどうなのあれ・・・。

人身事故が起これば電車は「5分の遅れ」なんかで済みません。
赤ちゃんが泣いて文句言う人とかよほどの変人です。
たまに男性客同士のケンカとか肘鉄合戦とかはあるけど、東京の人は概しておとなしいですからね。

おととしくらいに私が経験したことですが・・。
東京の交通機関は脆弱なので、たまーに大雪が降ると電車は極端な間引き運転をします。
その朝も、電車に乗れない人々の行列がホームはおろか駅の外まで溢れ出し、当然車内は身動きひとつとれない肺潰しの拷問部屋となるので、もともと体調不良だったらしい中年の男性が意識朦朧になってしまったことがありました。
ドアにもたれて滝のような汗を流すその男性に、「降りたほうがいいんじゃないですか?」「大丈夫ですか?」と、周りの乗客は口々に声をかけ、最後には「あーだめだ」「もう降ろそう」と、数人でその人を支えて駅員さんに引き渡していました。

そんなこんなしてたら、肩にかけていたはずの私のバッグがいつのまにかなくなってました。
げっ落とした?
しかししゃがんで探せる状態ではないので、周りの人に伝えたところ、肺潰れ状態なのに体を無理やり動かしてくれたおかげで、無事に発見できました。

「あったんだ、よかった」
「よかった」
「よかった」

という声があちこちから聞こえてきて(遠くからも)、人の温かさに泣きたくなりましたよ。
よほどの極限状態じゃない限り人の良心は死にましぇん。普段は無表情な乗客でもね。
なのでああいう東京砂漠の描かれ方はかなりの違和感でしたね。

で、なんかね・・・ブラックな女社長がいつの間にか好人物にキャラ変換とか・・・盗癖・虚言癖有のパワハラ先輩もすっかり改心してるし・・・ヒロインの恋人の御曹司もキャラぶれぶれで・・・

いやその前に主人公自体ぶれぶれで・・・お祖父ちゃんが死んでプチ黒化して(五年経ってるけど)すぐ立ち直って善人に元通りとか・・・黒化したのは全然いいよ。何もかも元通りになりすぎなんだよ。何も柿谷運送に舞い戻らなくたって、別の道を模索したっていいじゃないか。

彼らは「キャラ」じゃない。生きてる人間なんだ。
だから時にはあいまいで、矛盾してて、つじつまのあわないものなんだ。それで正解なんだ。


カルテットでそう納得させてくれたほどの説得力がどうしても感じられなくて・・・

なんでだろ・・
フジだったから?
お偉いさんとかスポンサーとか事務所とかの横やりが入って、大御所の先生でも好きなように書けなかったとか?

いや、

登場人物が多いのに10話しかなかった


のかな。単に。

類型的な人物を書かない坂元センセのこだわりが裏目に出て、さすがに尺が無理すぎた・・的な?

でも胸を打たれるエピソードはたくさんあるんですよ。ハッとさせられる瞬間も。
田中泯演じるおじいさんの最期なんか涙出ちゃった・・・何か月着替えてなかったんだというツッコミはあるけど・・・。

あと、最終話の病院でのエピソードも良かったなあ・・・。

「たぶん錬が行った」

このセリフすごい。元カノに言わせたのも万人が納得するうまさ!
たったこれだけで自分の負けを悟る御曹司が切なすぎましたよ。

ファミレスでのラストシーンもじんわり胸に沁みました。よかったね、2人とも・・・。

うん、突っ込みながらも10話完走できたし、楽しませていただきました。

いつ恋2.jpg
高橋一生の金髪姿も見れた(似合ってはいなかった)

高橋一生の役は憎ったらしいヒールなんですが、失意に満ちた悲しい人であることがやがてわかります。
お金に汚いのは別れて暮らしている息子の入学資金が欲しいから。
この「愛想つかされて離婚されたろくでなし。でも実は子煩悩」ってキャラ、家森さんとかぶるなあ。

でも「いつ恋」ではメインキャラじゃないので、彼の事情に関してはほとんど尺を割けなかった。魅力的な肉付けは出来てたのにね。坂元センセは、だからカルテットの家森さんを造形したのかしら・・なーんてついつい邪推したり。

家森さんには幸せでいてほしいけれど、この先輩は哀しみの闇落ちしてほしかったかもです〜。


あー今日は久々に晴れた。
春だなあ。



posted by KIKI歌野 at 07:46| Comment(0) | ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。