2017年05月07日

2017年4月期ドラマについていろいろ

今期のドラマの覚書をひとつ。
勝手なことを書き散らかしていますが、あくまで個人の意見ですのでご容赦を。
今期は絶対的なワクワク感不足で悲しい・・・けれど、それなりに楽しんで拝見しております。


ツバキ文具店 〜鎌倉代書屋物語〜

依頼人の代理で手紙を書く、「代書屋」という一風変わった仕事をする「ポッポちゃん」のお話です。
「デカワンコ」以来、多部ちゃん大好きな私ですが、このドラマでも可愛くて見惚れてます♪
依頼人の想いや手紙の相手との関係性を理解したうえで、ペン、インク、便せん、封筒、切手に至るまで丁寧に吟味し、依頼人になりきって手紙をしたためるポッポちゃんの清冽なたたずまいよ・・。
現在第四話まで放映済で、私が一番好きなのは第三話です。
「男爵」と呼ばれる偏屈な初老男性(奥田瑛二)に依頼されて、借金の申し込みを断る手紙の代書をつとめることになったポッポちゃん。
かつては気脈を通じたこともある旧友に送る、借金拒絶の手紙。
若い女性が、頑固で気骨のある熟年男性になりきって書いた文章の見事さに唸らされました。
拒絶でありながら親愛の情にあふれたその手紙は「呵々」で締めくくられていました。「呵々大笑」の呵々で、あははと大笑いするさまを表しているそうです。新鮮!
派手さはないけれども品格のあるドラマで、好きです。


リバース


港かなえ原作のミステリーです。原作未読。
現在と10年前を行ったり来たりする手法は、「Nのために」の二番煎じっぽいと思いつつも、なかなかにひき込まれるものがあります。
藤原竜也がどんくさくて冴えない男の役ってどうよと首を傾げたけれど、気弱で優しい感じが板についてます。やはり芸達者ですね〜。
玉森裕太も結構いいなあ。一見クールだけど職務には熱い高校教師にちゃんと見えます。
そして小池徹平。
第一話でとっくに死んでたのが軽い衝撃でしたが、魅力的なキャラなので今後も活躍(?)してくれるのではと期待。
しかし徹平くん、いつまでそんなに可愛いつもりなんだ! もうこのままあと10年20年いっちゃってほしい。
安っぽい展開ではなく、武田鉄矢とか片平なぎさとか、脇を固めるベテランキャストもきちんとはまってるので、今後も地味に楽しみです。 
深瀬(藤原竜也)の恋人に戸田恵梨香を配したからには、彼女も広沢の死に関係していそうですね。



あなたのことはそれほど


TBS 火曜10時、「逃げ恥」「カルテット」の後釜は、蓋をあけてみれば共感できない不倫ドラマでした。
原作は未読。ベテランのいくえみりょう先生ですし、人気はあるのでしょうね。
波瑠演じるヒロイン(既婚)は夢見る夢子ちゃんで、長年好きだった相手との偶然の再会に「運命!」と舞い上がってしまい、なんと再会当日に肉体関係を持ってしまいます。もーそこで目がテン。
そこまでいれあげるほどの男か? ただのチャラ男にしか見えませんが・・・。
不倫に罪悪感のないヒロイン像って、ある意味新しさはあるかも。
こういうの生理的に受け付けない人多そうだけど、あくまでドラマはドラマってことで、今後どれくらい楽しませてくれるのか僅かながら期待しております。
どうでもいいけど「あなそれ」とかやめて。
「突然ですが、明日結婚します」も、「あすこん」って略されてたけど、略称が必要なほど話題にしてないし愛されてないし流行らないし。


母になる


3歳の時に誘拐されて行方不明になっていた息子と9年ぶりに奇跡の再会を果たすも、息子には別の、育ての母が存在していた・・・。
そこそこ面白いし、たぶん最終回までお付き合いするとは思いますが、ハマるほどでは。
ネットは「毎回号泣してます」の絶賛で埋まっているので、このドラマはお子さんのいらっしゃる方が観てこそ真価がわかるのかもしれない。
あと私、古くは「1リットルの涙」に涙を流せなかった人間なので、沢尻エリカと相性が悪いのか? 残念。しかし息子でもないコウを勝手に育てていた麻子が、やたらに可哀想な感じに描写されてるのなぜなんだ。
うまくいかない母子関係よりも麻子の事情が気になる。


貴族探偵

月9の起死回生をかけてフジが挑んだ意欲作。
キャストは豪華なんだけど、なんだろう、このボタンを掛け違えているようなチグハグさは。
謎解きに関しては、へーって思わないでもないんだけど。
特に犯罪再現ビデオの松重さん面白い!(孤独のグルメも放映中なのにお疲れ様です)
主役の相葉くん、とても頑張ってるけどごめん、たぶん執事役とかのほうがしっくりくる。
堺雅人なら3倍面白いんだろうけど、この脚本には出てくれないだろうなあ。
中山美穂のメイド役は「地味にスゴイ! 校閲ガール河野悦子」に出てた江口のりこで見たかった。
生瀬さん、滝藤さん、松重さんのお三方の力で何とかしてくれるかなという儚い期待を抱きつつ、次回も多分見ます。


posted by KIKI歌野 at 22:34| Comment(0) | ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする