2017年01月22日

東京タラレバ娘/男水/お母さん、娘をやめていいですか 感想

昨日は久々30人超の大飲み会(パーティーじゃないです。飲み会です)に参加し、凄まじく盛り上がりました。
最後に店外の路上で全員で写真撮ったんですが(通行人の方々の迷惑)、なぜか知らない人までが笑顔で一緒に映ってたという・・。
寒い冬の外出は本当におっくうですが、出かけて帰ってくるだけで「やりきった」感を得られるのはお得かもしれません。


さて、相変わらずドラマづいてますんで、観たドラマの覚書程度の感想をちょこちょこ書きます。

東京タラレバ娘 第1話
東村アキコ先生の原作を追っかけてるので、ドラマもチェックしなきゃねーってことで第1話を見ました。
うーん・・テーマは「恋も仕事も崖っぷちのアラサー女子」ていう例のやつで、ドラマネタとしては古臭いですね。ものすごい今さら感がある。
原作は男の狡さと女の弱さもろだしで100倍痛いので、深夜にもってったほうが真髄発揮できるのになあ。
そもそも年齢設定を原作の33歳から30歳に下げた時点でアウトですし、キャストもキャストで、吉高由里子は愛人ぽいあだっぽさ消せないし、榮倉奈々はスタイル抜群のかわいこちゃんだし、大島優子に関してはごめんなさいよくわからないのでコメントしませんけども、とにかく潤ってる感しかないというか脳内補正をもってしても崖っぷち感は見当たらない。
坂口健太郎の容姿がどストライクなので、氷点下のどSっぷりをもっと発動してくれると楽しいんだけどな。半端に優しいKEYにしないでほしい。
視聴率は好発進だったようですね。
キャストが華やかなのは嬉しいことでございます。
華やかな彼らのきゃぴきゃぴわちゃわちゃを見る楽しさはあるので、第2話も見るかも?


男水 第1話
コメント欄で教えていただいたドラマです。
原作は少女マンガですね。RENTAで1巻が無料だったのでちょっとだけ読みました。
「弱虫ペダル」の舞台版で、私の推しキャラ巻島裕介を演じた廣瀬智紀が出演していると聞き、いそいそ観てみましたが・・・。
うーん、いくら深夜だからってこの脚本と演出の致命的なつまんなさはどうなのか。
スポーツもんなんだから初手から俺のハート鷲掴みに来いやぁ!ってなりました。
それでも辛抱強く見てたというのに待てど暮らせど廣瀬さん出てこなくて、最っ後の最っ後にラスボス的に登場したと思ったら「続く」でございました。なんでだ! 次回も見る!(局の思うつぼ)


お母さん、娘をやめていいですか? 第1-2話
仲良すぎな母娘のサスペンスです。
今まで一度もケンカをしたことがなく、いつもべったりで、親友というよりまるで恋人のような母娘を、斉藤由貴と波瑠が演じます。
娘を溺愛する母は服のコーディネートや部屋のインテリア、男性の選択に至るまで完璧に娘をコントロールしようとし、娘も母が大好きなので、無意識に母の顔色をうかがい、完全に依存しています。
斉藤由貴は幾つになっても綺麗です、と言われるような感じだけど、以前はもっとぽっちゃりしてておばさんっぽかったような? さすが女優さん、きちんと役作りしてるんですよねえ。無垢でトロンとした目に人形みたいな恐ろしさがあって素敵。うん、これは斉藤由貴の壊れっぷり目当てに見るドラマです。


一月期のドラマで最後までのおつきあいが決定したのは「カルテット」のみ。このドラマにはとてもゾクゾクします。
ちょっと楽しみなのは「嘘の戦争」と「下剋上受験」。
あとは適宜見れるときに見るって感じでしょうか。

posted by KIKI歌野 at 17:01| Comment(2) | ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
師匠、申し訳ございませんm(__)m
おすすめしておいて、恥ずかしくなってしまいました(;_;)
いやー、あれですね。
俳優さんについてるファン(舞台などを見に行く)以外は見てはいけないフラグがたっていますね(笑)

お詫びと言ってはですが、もしBLものが大丈夫でしたら、『sevendays』という映画に廣瀬くんがでていますので、暇すぎてすることがない時に、期待せずに見て頂ければと思います。
こちらも事故ったら、私もう……(笑)
Posted by まい at 2017年01月24日 04:25
まいさん、コメントありがとうございます!
いやいや、とんでもない!
あんなのまいさんのせいではないですよ。
深夜は私的にストライクなドラマが多いんですけど、あれは制作者に有罪判決ですな笑 
おお、「sevendays」って、まいさんおすすめの映画なのですか? BLはたまに読むけど(「囀る鳥は羽ばたかない」とかわりと好きです)、三次元は観たことないなあ。見てみますねー!

Posted by KIKI歌野 at 2017年01月25日 07:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: