2017年02月21日

映画:この世界の片隅に

ものすごい映画を見てしまった・・・。

なんとも、なんとも、美しい映画です。




片渕須直監督&脚本の「この世界の片隅に」の評判が恐ろしく良いのは知ってましたが、土日は家事やら録画消化やら人との約束やらで忙しく、なかなか見に行けませんでした。

もういいやDVDで、とあきらめかけていたところ、近所の映画館で上映されることになって、それもそろそろ終了だったので、えいやっと会社早退して(おい)、先週一人で観に行きました。

2016年の大ヒット映画といえば、何をさておいても「君の名は。」ですかしら。
それと「シン・ゴジラ」。
私は両方とも見に行きましたが、「君の名は」の桁違いの映像美にも「シン・ゴジラ」のゾクゾクするような臨場感にも圧倒されまくりでした。

特に「君の名は。」の息を呑むアニメーションは記憶にでんと居座っているので、「この世界の片隅に」の上映が始まって最初の5分くらいは、正直軽い落胆は否めませんでした。
でもその5分を過ぎれば「比べるのは野暮だよな」という自制心すら不要なほど引き込まれていて、ただスクリーンに見入るしかできない観客の一人になっておりました。

もっと言えば、私はその2時間超、その時代の広島市、そして呉にいました。

ひなびた、なつかしい水彩の風景のただなかで、「すず」の傍らに佇んでいました。

すずも、すずの夫・周作も、家族も、最後に出てくる小さな女の子も、アニメ―ションではなく、体温と脈を宿した人間でした。
観終わったあと、しばらくは「この世界の片隅に」のことだけを考えていて、数日たって喉元にこみあげるのは「もう一度、あそこで生活している皆に会いにゆきたい」という思いでした。

原作の漫画はかなり前に読んだことがありました。
「夕凪の街・桜の国」に静かな衝撃を受けて以来、こうの史代さんの著書を次々読んだ時期があったからです。

スクリーントーンを使わないきめ細やかな絵柄はほのぼの温かく、どのお話もさりげないやさしさに満ちているのですが、伏線や示唆までがさりげなさすぎて、私のように目が節穴仕様になってる人は、大切なとこをうっかり見逃すハメになるのです。だから何度も何度も読み返すことになります。

映画はかなり原作に忠実につくられています。
片淵監督の原作に対する愛の深度がもうただ事ではないというか・・。

能年玲奈あらため「のん」の声は、おっとり天然、どこかユーモラスなずすのイメージにぴったりで、遊郭の女性・リンの所作ははっとするほどつやっぽく、白黒の漫画の登場人物に鮮やかな命を吹き込んだアニメーターや声優の皆さんには脱帽するしかありません。

ヨコハマ映画祭 1位
キネマ旬報ベストテン 日本映画1位(アニメ映画では「となりのトトロ」以来)
毎日映画コンクール日本映画優秀賞
大藤信郎賞
ブルーリボン賞監督賞

この映画の受賞歴はすごいことになっているようです。

もちろん私の中でも、2016年度のベストワンでございます。
といってもさほどたくさんの映画を見たわけではないのですが、たとえ100本見ていたとしてもベストワンだったはず(たぶん)。

できれば上映期間が終了しないうちに映画館で見て、空気を共有してほしい映画です。
私もまた見に行きたい。
どうしてももう一度見たい、なんて思うの何年ぶりでしょうか?

この映画はクラウドファンディングで制作資金協力を募ったことでも有名らしいのですが(私は鑑賞後はじめて知りました)、ファンディングに協力した一般の方々と思われるお名前が、エンドロールにだーーっと大量に流れるんですよね〜。
一生に出会える映画のなかで、おそらく最も優れたものの一本に数えられるだろう名作に自分の名が刻まれるなんて、どんなに誇らしいでしょうか!
羨ましくて羨まして身悶えておりますッ!

そして原作ももう一度読みたくなって、kindleで上中下巻買ってしまい、激しいリピ中でございます。

・・・ああ、なるほど、遊郭のリンさん、もっと出番が多かったのかあ。
しかも北条家とかかわりのある人だったのね・・・ふむふむ・・・



posted by KIKI歌野 at 07:52| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: