2017年03月15日

涙腺崩壊! カルテット9話ネタバレ感想

の〜ぼりざか〜 アハッハーン
く〜だりざか〜 アハッハーン
そうね人生は〜 まさか!

「人生には三つの坂がある。登り坂。下り坂。まさか」

第1話でそう語った真紀がいつも口ずさんでた変な歌が、死んだお母さん(演歌歌手)の曲だったなんて! 
それこそ「まさか」でしたよ。まさか真紀の過去に根深く絡んでいた歌だったとはね。


義理のお父さんからDVを受け続けた末に、「早乙女真紀」という女の戸籍を買い、生まれ故郷の富山から14年前に姿を消した彼女の本当の名は「やまもとあきこ」でした。

何て平凡きわまる名前でしょうか。
まるでそれこそが偽名のように。
名前は記号に過ぎないことを象徴しているかのように。


富山県警の刑事(「真昼の悪魔」にレギュラー出演中ですのにお疲れ様です)が語る話に、「速攻種明かしか」と少し肩透かしをくらった9話の冒頭でしたが、このドラマには無駄エピソードがなく、すべてのシーンや台詞が大構図内に綿密に配置されていることは、ファンにとっては周知の事実。


そして出ましたよマイダーリン家森くんのお理屈タ〜イム!(嬉)

熱帯魚が飼いたい、ニモが欲しい、と盛り上がる一同に、ただちに水をさす家森くん。

ニモ飼いたい.jpg

ホッチキスは商品名でしょ? 
バンドエイドも商品名でしょ? 
ポストイットは付箋紙。
タッパーはプラスチック製密閉容器。
ニモは商品名です。
あの魚の名はカクレクマノミです。
本当の名前で呼んで?


本当の名前で呼んで.jpg
わざわざ走ってホッチキスを取りにいって戻ってきて力説w


実際に彼が喋ったセリフはこの2倍以上あったんですけど、その長広舌に耳を傾けるメンバーはなしw

いや別にニモでいいじゃん。
てかもうホッチキスでいいだろ、今さら「ステイブラー」って呼ぶことになんか意味でも?

って視聴者は思います、当然。
しかしもちろんこれは、真紀さんの本当の名前が早乙女真紀ではなかったという事実を隠喩しているのですよね。

真紀は軽井沢の別荘までやってきた富山県警の刑事に任意同行することになり、いつわりを知ることになったカルテットのメンバーに別れを告げます。


本当の私は・・・私は・・・私は・・本当の私は・・・


泣く寸前に顔をゆがませて、真紀は本名をみんなに告げる事ができません。
そしてすずめちゃんは、こう言うのです。


真紀さん、もういいよ。いい、いい、いい。もういいよ。もう何にも言わなくていい。
真紀さんが昔誰だったとか、もう何にも
私たちが知ってるのはこの、この真紀さんだよ

知ってるよ? 
真紀さんがみんなのこと好きなことくらい
絶対それは嘘のはずないよ
だってこぼれてたもん
人を好きになるって勝手にこぼれるものでしょ
こぼれたものが嘘なわけないよ



「人を好きになるって勝手にこぼれるもの」というセリフは、以前真紀がすずめに言ったそのままです。

この二人のやりとりではダム決壊でした。
もちろん満島ひかりは文句なしに上手いけど、松たか子の「信じてほしい」の絶妙さに痺れました。
終始、普通の人のようでいてどこかつかみどころのなかった真紀が、「自分」に戻った瞬間に胸を衝かれました。
そして「早乙女真紀」という存在と、彼女と共に過ごした時間を肯定し切ってくれた仲間によって、早乙女真紀の14年間の生活の終焉がもたらされことに、泣くしかありませんでした。

真紀さんの夫さんの述懐にも泣けました。

6話で語られた夫婦崩壊に至るエピソードの発端は、バイオリンをあっさり捨てて「平凡な専業主婦」になった真紀でした。
大好きだったミステリアスな彼女が普通の女になって恋愛感情がなくなった夫。そのあげくに失踪してしまい、天涯孤独の境遇に舞い戻った真紀。


真紀ちゃんは普通の人になりたかったんだ・・



すべてを悟った夫さんにそう泣かせるのうまいなぁ。戦慄が走るほどに。
だってこっちは6話で巻夫婦のエピは綺麗さっぱり完了したと思ってたんですよ。
なのに3話も費やした後に、がらりと異なる視点を開示するんですもの。
同じ6話なのに今や全く違う目で見るしかないトリックアートが見事すぎて、脱帽するしかありません。


あ、そうだ、それから、1話からずっと、真紀さんだけ転ばなかったこととか。

真紀さんが富山県人であることが示唆された先週、ネットでは「だからいつも真紀さんだけ、雪道とか凍った場所で転ばなかったのか」という鋭い省察が即座に寄せられていました。
確かに氷上の魚釣りでも真紀さんだけ転んでなかった。
なぜなら雪国出身だから。
もう! 気づかない人は一生気づけないよ!ww


そんな「ウォーリーを探せ」的なお宝さがしも楽しいカルテット9話の視聴率は「まさか」の爆上げ、二ケタでした!
視聴率なんかどーだっていいわと思っちゃいてもやっぱり嬉しい!
だって掛け値なしに素晴らしいドラマだから。
最終回を見るまでもなく、めったにお目にかかれない傑作だと断言できるから。
一枚ごとに全然違う味のクリームが挟まってるミルフィーユを食べてみたら、驚愕の美味体験でしたみたいだから。そういう次元の違う新しさだから。

・・などとランチタイムに同僚に力説したら、「初回で見るのやめたわ」って人が、週末にちゃんと見てくれて(ネットで拾ったらしい)、

「めっちゃくっちゃ面白かった! そして高橋一生かっこえ〜!」


鼻息も荒く、私のデスクまで報告に来てくれました。
一生の親友になれそうです。
頼まれてないけどananも貸そうかなと思います。

posted by KIKI歌野 at 23:11| Comment(2) | ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kikiさん、いつもブログ楽しく拝読しております。
私もカルテットにすっかりはまってます!
最初は面白いのかそうでないのかわからなかったのに。今はロスが怖くてたまりません。
ちなみにごめんなさい別府さん派です!
Posted by たまき at 2017年03月16日 14:00
たまきさん、コメントありがとうございます!
おおカルテットファンですか! 嬉しいです〜。
そうなんですよね、最初は面白いけどわけのわからない感じあったのにいつのまにか夢中です。
別府さんもいいですよね〜、「僕がみなさんを甘やかします」のセリフじーんときました。
Posted by kiki歌野 at 2017年03月17日 06:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。