2017年05月15日

映画「リリーのすべて」「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」

動画サイト(あ、ちゃんと合法のやつですよー)でひさびさ洋画鑑賞しましたので簡単感想を。


リリーのすべて (字幕版) -
リリーのすべて (字幕版) -

女の愛憎劇か、レズビアンものか、はたまた母娘の確執ものか・・というような画ですが、そのどれでもない「愛」の映画でした。

「リリーのすべて」(原題: Danish Girl)は、1930年代に世界初の性別適合手術を受けたリリー・エルベをモデルにした物語です。
必ずしも史実に忠実というわけではないのですが、「トランスジェンダー」あるいは「性同一性障害」が異常な精神病だと思われていた時代に、本来の性に戻りたいと強く願い、それを貫いた「女性」と、男から女へと変わっていく夫を支え続けた妻を描いた秀作でした。

監督は「英国王のスピーチ」のトム・フーパー。
主演はエディ・レッドメイン。ファンタスティック・ビーストのあの方ですね。

edy.jpg
身長180cmの美青年です

1930年の性別適合手術は前例のない革命的な手術で、もちろん命がけのものでした。
映画で行われる手術は、男性器の切除と女性器の形成のみですが、実在したリリーは卵巣や子宮の移植手術まで行ったそう。

ええ〜?
卵巣や子宮の移植手術なんて聞いたことないよ!
いったい誰のを・・(怯)

当時は臓器移植による拒絶反応についてはまだ知られていなかったようで、結局リリーも移植したものを摘出するはめになったりとか、相当苦しい目にあったようです。

映画には出てきませんが、最初の精巣除去手術の際、体内に未発達の卵巣が発見されたことから、リリーは、性同一性障害というより、性分化疾患だったのでは?と推察されます。見た目も小柄で体毛も薄くて相当中性的だったようですしね。

性分化疾患の症状・原因は人によって千差万別なので、決してひとくくりにはできないのですが、彼らは例外なく確固たる性のアイデンティティーを持っています。「男でも女でもない中間の性」というあいまいなものでは決してなく、心の性は生まれつき明確なのです。それが外見の表現体に合致していればいいのですが、そうでない場合は苦しむことになります。

もちろん、性分化疾患ではなくとも、外見と内面の性の差異に苦しむ人は、今と同じように昔にも存在したでしょうし、ほとんどの人は秘密を隠し通したまま生涯を終えたことでしょう。
そんな時代において真の自分を取り戻したリリーという驚くべき存在を、エディ・レッドメインが繊細に演じているのに胸を打たれました。

いやーごめん、どう頑張ったって、ごつい男が女の服着てるようにしか見えない。

最初はそう思ってたのに、リリーの内面の女性化が進むにつれ、どんどん女らしく見えてくる。
しまいにゃ、男の服着てたって中身女というのが伝わってくるまでになる。

そして妻のゲルダを演じたアリシア・ヴィキャンデルも本当に素晴らしかった・・・。
この役でアカデミー助演女優賞を獲得したのも頷けます。(エディは残念ながらノミネートどまり。ま、その前年に受賞してますからね)。

しかし、少しもやもやが残るんだよなあ。
リリー、もっとゲルダに優しくしてあげて!
って女の立場で思っちゃう。
生まれて初めて女装した日に、他の男とキスしちゃって、しかもそれゲルダに見られたのに、ごめんとかすまんとか全然ないしなあ。
ゲルダも「あなたはいつも自分のことばかりね」って愚痴ってたけど、その通りだよ!
自分の夫がどんどん女になってくなんて、苦しむに決まってるでしょー。そこんとこ慮ってあげてよう。
しかし結局は最後の最後まで夫を支えちゃうゲルダの愛、実にあっぱれでした。見習おう。独身だけど。



イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 [DVD] -
イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 [DVD] -


大人気ドラマ「シャーロック」の、ベネディクト・カンバーバッチ主演です。
「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」(原題: The imitation game)は、第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>に挑んだ天才数学者アラン・チューリングの話で、これも「リリーのすべて」同様、実在した人物をもとにしています。

英国政府が50年以上隠し続け、その存在を抹殺されていたゆえに、知名度がまったくなかったチューリングが、どんだけ凄い人だったのかが骨身に染みてわかる映画。

アラン・チューリングが同性愛者であったことが、この映画のキーになっています。
キリスト教がバックボーンにある西洋文明の偏狭な部分ですけど、同性同士の性的接触は近年まで「犯罪」であり、教授職にあったチューリングは男娼を買ってたことで足元をすくわれて気の毒なことになっちゃうんですが(そういう部分の生々しい描写などは一切ないので、苦手な人でも問題ない)、彼が成し遂げた偉業が公に認められて本当によかった・・遅すぎはしたけれども。

ナチスにエニグマという難攻不落の暗号があったことも、英国がその解読に秘密裡に成功していたことも、私はまったく知りませんでした。なんかもう呆気にとられるしか。

スターリングラード攻防戦とかの、歴史に残る酸鼻な戦闘に関する暗号も実は事前に解読されていて、連合軍を陰から勝利に導いたのが暗号解読チームだったなんて!

しかもドイツ軍に解読の事実を悟らせないよう、どの攻撃は放置してどの攻撃に応戦するってことまで机上で計算してたのに隠し通していたなんて! つまり味方をあえて見殺しにする苦渋の決断もしてたわけで。

この映画見てると、どの国家も国民に嘘をつきとおすものなんだとわかります。
国の言うことを一から十まで信じちゃいけませんねー、原発のことだってそうですよ。肝に銘じなきゃ。

いやー、スリリングでゾクゾクしました。
心臓に悪いドキドキハラハラのエンターテイメント性もありながら、1人の人間の愛と人生のお話でもありました。これを二時間弱でおさめたのはさすがプロの技。

それにしてもベネディクト・カンバーバッチ、本当にまあなんて演技力でしょう!
シャーロック役でも天才探偵の奇人演技が素晴らしく、この映画でもドのつく傍若無人ぶりを発揮してはいるけど決して超人ではなくて痛々しい。哀しい。そして偉い。

同僚と仲良くなろうとしてリンゴを渡すところ、なんだか可愛かったなあ。
同僚、いい人たちとは思うけど、アランにあんなひどい扱い受けたのにリンゴひとつで許すのはちょろすぎないかい。

posted by KIKI歌野 at 08:16| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。