2017年01月06日

新年あけました!

Best Wishes for 2017!!!

新年明けましておめでとうございます!

さーて、逃げ恥が終わって、さぞかしロスになるかと思いきや、案外平常運転でした。
年末は忘年会やら買い出しやら大掃除やらで毎年バタバタするし、年が明けるとゴロ寝しまくったり録画消化をサクサク進めたり、YouTubeとかのおもしろ動画ツアーもまた良しで、心安らかな時期を今現在も楽しんでおります。

そして、そろそろ冬ドラマが始まります。

まず、TBS火曜10時の「カルテット」は、坂本さん脚本のファンとして絶対観なきゃです。


キャストがいいので期待値が高まる・・。

あと、日テレ水曜22時「東京タラレバ娘」は原作読んでるので一応チェック。
日テレ日曜22時「視覚探偵 日暮旅人」は松坂桃李主演なのでたぶん観ます。

それとTBS日曜22時「A LIFE〜愛しき人〜」。
SMAP解散後、木村拓哉の初の主演ですんで、少なくとも第一話は観ると思います。


重めのドラマっぽいですね。キャストが超豪華。

キムタクは何を演じてもキムタクと言われ続けて久しいけど、過去の芸歴は華々しいの一言で、私だって96年の「ロングバケーション」の空気感は最高に好きだったし(5話のキスシーンは一生忘れない)、2001年の「HERO」も大好きでした! 2006年の映画「武士の一分」も良かったな〜。
20代前半から30代前半にかけてのキムタクのカリスマ性は神がかっていたと、今でも思います。
現在は残念ながらその美貌とともにカリスマ性も衰えたと言わざるをえません。
今度は外科医の役だと聞いても楽しみじゃないどころか、このタイトルから駄作臭をうっすら嗅ぎ取ってさえいる私ですけども、それでもこの低い期待値を裏切ってくれたら爽快だろうなっていう微かな期待もあるのです。鼻スンは封印してね。頼むよ。一度でもやったらもう観れないよ。痛々しくて。

あっ、そうそう、高い期待値を裏切らなかったお正月ドラマと言えば、

「孤独のグルメ お正月スペシャル 〜井之頭五郎の長い一日〜」。



面白かった〜堪能した〜。真夜中の飯テロ健在!
おっさんが食べてるだけのドラマをここまで愛でられるのは奇跡ですよ。
次回放映を指折り数えて待つようなタイプのドラマじゃないけど、そこがいい。
類似ドラマは幾つかあれど、「孤独のグルメ」に匹敵する傑作はたぶん出てこないでしょうね。
Season6が決定したのが地味に嬉しい。
ゴロ〜♪ ゴロ〜♪ いっのっかしーらっ! フゥ!

さて、明日から三連休です。
明日は用事があって丸一日出かけなきゃだけど、残り二日間はおこもりして録画消化し放題できると思うと楽しみすぎて震えてくる私は、真性のインドア派以外の何物でもありません。


(以下後日追記)

あ、松重さんと言えば、新ドラマがあったのでした! これも要チェック!
テレビ東京金曜深夜ドラマ、「バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜 」



出演は遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研。
個性豊かないぶし銀勢ぞろいで、よく集められたもんだなぁと感心しちゃいますが、吉とでるか凶とでるか。


posted by KIKI歌野 at 22:15| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

ファン●ルのメイクアップレッスン体験!

先日、ファン●ルのパーソナルメイクアップレッスンに行ってきました。

⇒ コレです

友人が「一度プロにメイクアップしてもらいたい〜」というので、彼女が愛用しているファン●ルで探してみたら、銀座の自社ビルの四階でそのようなレッスンをやってました。

銀座にはちょくちょく行く私ですが、ほぼデパ地下専門なので、銀座中央通りに面する、全国で指折りの一等地に建つこのビルに入るのは初めてでした。
地下から十階までぜ〜んぶファン●ルです。
ショップ、レストラン、ビューティーアドバイス、健康のラボっぽいとこまであり、やってることが幅広いですね〜。

この日、午後2時からのメイクアップレッスンはそんなに混んでませんでした。
いや、私たち2人だけでしたw フロア結構広いのに。
でもそれぞれ個人レッスンになるので、人員的にもこんな人口密度で普通なのかもしれません。

まず今してるメイクをクレンジングとパウダー洗顔料で落とすところからはじめます。
その後、大きな鏡のあるブースに連れていかれ、化粧水や美容液等で肌を整えてから、ベース、クリームファンデ、粉の順番でつけていきます。
顔の右側をアドバイザーがやってくれ、左側を私が行うという順番。
ファンデの仕上げに、清潔なファンデ用スポンジを折り曲げてとんとん肌を叩いたり、ハンドプレスしたりするのは必須だそう。その後のもちが全然違うんですって。

しかし、もうこの段階ですでにくたくた。
やー無理無理。
これ毎日できない。
最近は(つーか先月から)アンチエイジングに本腰で取り組んではいるけど、ここまで入念に肌を作り込んだことなかったです。
しかも・・・本っ当ごめんなさいだけど、ここまで作り込んでもなんら変化があるように見えないww
むしろライティングがまばゆくクリアなので、ほうれい線の刻み具合がいつもよりくっきりと・・。
つまり「もとがもとなんだし、いくら塗ったってねえ」という身も蓋もない現実を思い知らされるというか・・・。

いえもちろん、メイクアップの仕方は非常に勉強になったし、アドバイザーの方は感じ良いし、肌がきれいだとほめてくれたし(セールストークでも嬉しいものです)、なんかゴージャスな気分になれるし、それにここが一番重要なとこですが過剰なセールスは全然ないので、全体的にすごくいいです。人に勧めるか勧めないかでわけたら勧めると思います。

あとお世辞抜きでいいなと思った製品が洗顔料とマスカラでした。洗顔料はもちもちの泡で気持ちよく、肌の透明感がかなり出ました。むしろファンデを塗る前より透明感があったかも。
マスカラは2、3回さっと塗るだけで、エクステかってくらい睫毛が伸びて長くなりました。
しかし私は財布のひもが非常に固いゆえ、口紅を一本だけ買うにとどめました。500円の割引券もらったので。

そして別ブースから出てきた友達の完成顔を見て、ちょっと仰天。
ちょ、ケバッ・・いや、華や・・・か?
目の大きさは通常の2倍になり、頬っぺたは今っぽいおてもやん風で、「舞台化粧」が向こうから歩いてきたのかと。
私のメイクはナチュラルに仕上げてくれたので、たぶん客が何を望むかに忠実に合わせてくれたのだろうと思います。友達は婚活中なので華やかにイメチェンしたかったのだろうし、パーティーメイクってことなら、この顔も全然OKだろうし。うん。
その証拠に、「じゃーね」と別れたあと、銀座の街で声をかけられたそうです!
ナンパじゃなく「芸能プロダクション」に。
十中八九登録料詐欺なので無視したそうですが、たとえ詐欺にしろ、レベル高めの容姿の人にしか声をかけないと思われるので(つまり虚栄心をくすぐりやすいと勝手に判断された人)、メイクの効果はあったのでは!?

え、私ですか。

私は特に誰からも声かけられませんでした。

ただねー、本音を言えば、友達にはもっとトシ相応の、華やかでありながら落ち着いた上品メイクを施してほしかったと思う私。
若い子みたいなメイクは浮いちゃうよ正直。
決して言えなかったけど! 
だって本人満足そうだったから言えない!

うん、今度機会があれば別のところに行ってみよっと。

ちなみに友達は8000円以上化粧品を買ったので、特製ひざ掛けをもらい、メイクアップレッスンに参加した人はもれなくゴールドのトートバッグをもらえます。使うかは微妙だけど。

メイクアップレッスンの所要時間は約2時間で、2500円ですが、その場でファン●ルの会員になれば500円割り引いてもらえます。

サービスいいぞファン●ル!

posted by KIKI歌野 at 13:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

効果あり?の確信80パーセント

あー歩いたぁ〜〜
足くたくた〜

最近大好きな人形町で、女三人でピザ食べてきました。
最近のピザはどっこもレベル高いです。
ある程度ちゃんとしたイタリアンの店なら、大抵窯焼きなので熱々でカリカリ、具材はジューシーで本当おいしい。
「ピザ」というとネット用語で「太った人」の意味ですが、野菜たっぷりのやつなら案外ヘルシーだと思うのですよ(希望的観測でないことを願う)。

今日会ったのは旧友で、うち一人とはたまに会うくらいの仲、もう1人とは疎遠になってしまって、今回十年以上ぶりの再会でした。フェイスブックを通じて、私の誕生日付近に連絡があったので、三人で会うことになったんです。

彼女は体型こそどすこいになってましたが(出産後肥大化が止まらなかったらしい)、その昔モテモテだった美貌のおもかげはありました。
そして再会の瞬間、彼女は私の顔を見てこう言ったのです。

「うわあ、全然変わらないね! わっか〜い!」

なんて言ったらいいのでしょう・・・記念すべき瞬間でした。
人形町の改札(待ち合わせ場所)に本日の年月日を刻んだ記念碑を建立したいくらいに。

「女子」から逸脱した年齢になってからというもの、人生で若く見られたことなど、たぶん一度もないわたくし。

一番ヒドい思い出は、四コしか違わない知人と一緒に占いの館みたいなトコに行ったとき、占い師さんから「親子ですか?」と言われたことですね。
その知人は三十なのに見ようによっては十代に見えちゃう詐欺師だったんですが、だからっつって親子ってさあ!そんな観察眼でよくまあ占い師ができるもんだなあんた、と胸ぐらつかみたかったです。

そんな苦い思い出ばかりを積み重ねてきた私が、アンチエイジングに取り組んだ一か月の苦労が報われた瞬間でございました。

ここ最近、肌の調子がいいときは、自分でも「あれっ若い?」と鏡を見てびっくりすることがあったのだけど、他の人からは一度も言われたことがなかったんです。

ちなみにおとといの木曜日は新橋の台湾麺線(めっちゃ美味。誰に食べさせても好評。しかも低カロリーの麺で、万人におすすめ!)に友達を誘って行ったら、「肌きれいだよね」と言われました。
ま、ただし、「塗ってるからだよ」と答えると、「ああ、そりゃ素顔だとは思ってないよ?」と返されましたけども。

これらのやりとりから判断するに、確率80パーセントで、地道な努力に肌が応えはじめてくれたとみなしていいのではないかと思います。

プラセンタを就寝前に1カプセル飲み、マルチミネラルビタミンのサプリを摂り、カフェインを控えめにして常温のミネラルウォータ―を飲むようにし、ファンデは肌に優しくて艶が出るタイプのものに変え、洗顔は酵素洗顔、基礎化粧品もシャンプーも変え、眼輪筋と口の周りの筋肉を鍛えるエクササイズを朝晩行い、朝は必ず良質のオイルで顔のコリほぐしをしてから出かけます。
ちなみに、髪の静電気を出さないよう、プラスチックのヘアブラシはやめて、天然木のヘアブラシに変えました。ドライヤーも冷風を多めに使うようにしています。

ぶっちゃけ何が効いてるんだかよくわからないんだけど、たぶん全部が少しずつ作用してるんだろうけど、プラセンタの効き目って相当すごいんじゃないかと思います。

あと、会う人ごとに「痩せた?」と言われるのはたぶん、顔のコリほぐしのおかげですね。体重は変わってないから。
酸化しにくいライスオイルをたっぷり塗って顔のコリをほぐしてからティッシュオフし、すぐにリキッドファンデを塗ると、輝くばかりなんですよ肌が。そのうえに粉をはたくと、全然べたべたしません。

ただ化粧直しをほとんどしないので(上手な化粧直しの方法がわからないのです)、夜になるとくったくたの中年になっちゃうのですが。
リキッドファンデ+お粉の人って、化粧直しどうやってるんだろ?
粉はたきなおすだけだと、シワっぽくなっちゃうんだけど・・うーむ・・。

あとは支出の問題。
衝動的に買ったボビィブラウンのコンシーラーを含め、ここ一か月でアンチエイジングにかかった出費は二万円ほど。
ファンデは三ヶ月もちそうだけど、今後概算で月七千円位は支出が増えると思う。なにせいままで1900円の化粧水に900円のBBクリームで済ませてたもので・・。
iPhoneやめて格安スマホに変えようかなあ。


posted by KIKI歌野 at 20:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする