2017年05月21日

「たそがれたかこ9巻」「あなたのことはそれほど1-4巻」「独身OLのすべて1-5巻」

こないだ友達の車で幕張のコストコに初めて行ったんですが、買い物する前に、友イチオシの回転寿司行こうぜってなってイオン幕張店に寄ったら、なにこの広大な床面積! 本当にイオン? 北海道の原野じゃなくて? 幕張すごいな! しかも都心どまんなかかってくらいおシャレだし。

私の最近のイベントといったら、そのおシャレなイオン幕張店で食べた回転寿司の炙りエビ寿司が痺れるほど美味しかったことくらいなんですけど、その数日後、実家に寄って、ガスコンロに放置しまくっていたらしい鍋の底に残ってたカレーを(もったいない)と食べたら、軽く食中毒になりました。
風邪が治ったばかりの弱り切った私の腸を汚染カレーが直撃、カオスな二日間を経験するハメになったのもまた、レアなイベントと呼べるのかもしれませんネ。
ちなみにカレーなどの煮込み料理に居座りがちなのはウェルシュ菌という菌で、6時間煮沸しても死なないつわものだそうです。
嫌気性の菌なので、余ったカレーは空気に触れやすい平らな器に入れ、必ず冷蔵庫or冷凍庫に入れるべしでございます。

そんな冴えない日々にマンガを大量に読みましたんでレビューを。


たそがれたかこ9巻
たそがれたかこ(9) (BE・LOVEコミックス) -
たそがれたかこ(9) (BE・LOVEコミックス) -

おお、表紙の赤いおたかさん、ビビッドで新鮮だなぁと思いつつも、8巻がイタかったので読むのがちょっとこわかったんですが、9巻は、たかこの娘・一花(いちか)の心の問題に焦点があてられていました。
一巻ではふくよかで健康的な体型だったのに、摂食障害のため痛々しいほどガリガリになってしまった一花。
過呼吸を起こして倒れたり、自傷行為に及んだりする15歳の心に寄り添おうとするたかこは、人の心に100パーセント寄り添うことは不可能だと実感しています。
世界に娘と自分しか存在しないような閉塞感に襲われた瞬間、天啓が下りたように思い立つのです。
エレキギターを弾いてみようと。
大好きなナスティインコの曲を弾いて大声で歌おうと。
一巻では秋葉原のタワレコに行くだけで心が躍っていたおたかさん、弾く側にまわるのですか〜!

いやー、風穴が一気に通ったような爽快な巻でした!
娘を心配するのも、寄り添ってあげるのも、言葉をかけてあげるのも大事。でも、

私で証明しよう。「好き」が世界を変えることを。
私の「楽しい」が一花にうつるくらいに


自転車をびゅんびゅん飛ばしながら、わははと笑うおたかさんが力強い! 応援しますぜ、お姐さん!

おたかさんは自虐のカタマリのような人で、その生きづらさは娘の一花にも受け継がれている。
一花の年頃だったら近親憎悪の感情にまかせて、母親に手酷くあたってもいいはずだし、たかこだってもっとヒステリックになっちゃっても仕方ないのに、ふたりとも優しい。
たかこは上からな姿勢が全然なくて、ごめんね、とか、ありがとう、をちゃんと娘に伝える。そこがすごく好き。
街やモノの描写も心理描写も丁寧で素敵なマンガなのに、あと一巻で終わっちゃうそうです。寂しいなあ。



あなたのことはそれほど 1-4巻

あなたのことはそれほど(1) (FEEL COMICS) -
あなたのことはそれほど(1) (FEEL COMICS) -
5巻まで出てます

TBSで放映中のドラマをなんとなく毎週見ているのですが、不倫の罪悪感ゼロの「みつ」のキャラがどうにも不思議ちゃんなので、解説を求めて原作を読みました。
原作者のいくえみ綾先生は大御所なのに絵柄が古臭くないのが偉い。
きっと努力の方なんだろうなー。
ただ好き嫌いで言えば、本当すみません、昔からいくえみ先生を好きだとか衝撃だとか思ったことは一度もなくて、それはこのマンガを読んだ後でも変わらなかったです。
ただ、この世界を好きだと思う人がいることは理解できました。
少女コミックっぽいファンタジーが最小限に抑えられて、夫婦間や婚外恋愛の心理劇がなかなか興味深い。
皆少しずつ病んでいる大人で、あまり感情移入はできないけど(強いていうなら、ヒロインの親友がいわゆる「まとも」路線)、傍観者としてじわじわ怖さをたのしめる。
うーん、でも、まあ、きれいごとじゃない恋愛劇の生々しさで言えば、ジョージ朝倉とか昔の安野モヨコとかのほうがリアルで真に迫ってて面白いかな、私には。
とは言ってもいくえみ先生の力量はさすがというべきか、バカでどうしようもないヒロインでも、なんだか憎めない感じには仕上がってます。

ドラマのほうはねー、演じてる波瑠自身が
「理解に及びませんが、仕方ないです。美都とはそういう人なのです。私は美都には共感できないけど、毎日やらなきゃ仕方ない。」
とか、そんな良い子ぶったスタンスでいっぱしの女優のつもりかアンタ、的な発言しちゃってるくらいだから、説得力のある演技は難しかろうってなもんで・・。
しれっとハッピーエンドだったらどうしてくれようか、このドラマ。もんもん。



独身OLのすべて 1-5巻

独身OLのすべて(1) (KCデラックス モーニング) -
独身OLのすべて(1) (KCデラックス モーニング) -

渋谷タワレコでやってる「この世界の片隅で」の原画展に、おととい姉と一緒に行ってきたんですが、ただでさえ苦手な渋谷の街歩いて疲れて、しかも買い物とかして荷物重いっつうのに、「すごく面白いから!」と貸してくれたのがこの本。(しかも5冊)
あーもォ、他に読む本(マンガ)たくさんあるのに、これ以上週末の読書量増やすのもねェ・・とため息をつきつつペラペラめくってみたら、何これ面白い!

メインキャラはこんな。

dokushinol.jpeg

なぜリンゴや青い海洋生物みたいなのがOLなのだろうか?
とかいう疑問をさしはさむ以前に、すでに笑いのツボを押されまくってること請け合い。
小気味いーい!
女の醜さをここまで赤裸々にさらけだすと、読むほうも毒気にメンタル腐食されちゃうと思うんですが、このマンガに関してはそれが快感で、なぜか変な元気までもらえて、ずっと読み続けたくなる。ネガティブ×ネガティブ=ポジティブみたいな。

自分ではたぶん買わないけど(ごめん、これ以上本増やしたくないんだ)、姉が貸してくれたらまた読みます。
作者のまずりん先生、リスペクトです!
こういういかにもモテなさそうなマンガ書いて油断させておいて、じつは結構な美人かつリア充に違いない、と踏んでおります。

なんか全然感想になってないなと自分でも思うけど、読んだら面白いので読んでほしい「独身OLのすべて」はここでも読めます。→ モアイ 読むと元気になるWebコミック

posted by KIKI歌野 at 15:11| Comment(0) | マンガ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

映画「リリーのすべて」「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」

動画サイト(あ、ちゃんと合法のやつですよー)でひさびさ洋画鑑賞しましたので簡単感想を。


リリーのすべて (字幕版) -
リリーのすべて (字幕版) -

女の愛憎劇か、レズビアンものか、はたまた母娘の確執ものか・・というような画ですが、そのどれでもない「愛」の映画でした。

「リリーのすべて」(原題: Danish Girl)は、1930年代に世界初の性別適合手術を受けたリリー・エルベをモデルにした物語です。
必ずしも史実に忠実というわけではないのですが、「トランスジェンダー」あるいは「性同一性障害」が異常な精神病だと思われていた時代に、本来の性に戻りたいと強く願い、それを貫いた「女性」と、男から女へと変わっていく夫を支え続けた妻を描いた秀作でした。

監督は「英国王のスピーチ」のトム・フーパー。
主演はエディ・レッドメイン。ファンタスティック・ビーストのあの方ですね。

edy.jpg
身長180cmの美青年です

1930年の性別適合手術は前例のない革命的な手術で、もちろん命がけのものでした。
映画で行われる手術は、男性器の切除と女性器の形成のみですが、実在したリリーは卵巣や子宮の移植手術まで行ったそう。

ええ〜?
卵巣や子宮の移植手術なんて聞いたことないよ!
いったい誰のを・・(怯)

当時は臓器移植による拒絶反応についてはまだ知られていなかったようで、結局リリーも移植したものを摘出するはめになったりとか、相当苦しい目にあったようです。

映画には出てきませんが、最初の精巣除去手術の際、体内に未発達の卵巣が発見されたことから、リリーは、性同一性障害というより、性分化疾患だったのでは?と推察されます。見た目も小柄で体毛も薄くて相当中性的だったようですしね。

性分化疾患の症状・原因は人によって千差万別なので、決してひとくくりにはできないのですが、彼らは例外なく確固たる性のアイデンティティーを持っています。「男でも女でもない中間の性」というあいまいなものでは決してなく、心の性は生まれつき明確なのです。それが外見の表現体に合致していればいいのですが、そうでない場合は苦しむことになります。

もちろん、性分化疾患ではなくとも、外見と内面の性の差異に苦しむ人は、今と同じように昔にも存在したでしょうし、ほとんどの人は秘密を隠し通したまま生涯を終えたことでしょう。
そんな時代において真の自分を取り戻したリリーという驚くべき存在を、エディ・レッドメインが繊細に演じているのに胸を打たれました。

いやーごめん、どう頑張ったって、ごつい男が女の服着てるようにしか見えない。

最初はそう思ってたのに、リリーの内面の女性化が進むにつれ、どんどん女らしく見えてくる。
しまいにゃ、男の服着てたって中身女というのが伝わってくるまでになる。

そして妻のゲルダを演じたアリシア・ヴィキャンデルも本当に素晴らしかった・・・。
この役でアカデミー助演女優賞を獲得したのも頷けます。(エディは残念ながらノミネートどまり。ま、その前年に受賞してますからね)。

しかし、少しもやもやが残るんだよなあ。
リリー、もっとゲルダに優しくしてあげて!
って女の立場で思っちゃう。
生まれて初めて女装した日に、他の男とキスしちゃって、しかもそれゲルダに見られたのに、ごめんとかすまんとか全然ないしなあ。
ゲルダも「あなたはいつも自分のことばかりね」って愚痴ってたけど、その通りだよ!
自分の夫がどんどん女になってくなんて、苦しむに決まってるでしょー。そこんとこ慮ってあげてよう。
しかし結局は最後の最後まで夫を支えちゃうゲルダの愛、実にあっぱれでした。見習おう。独身だけど。



イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 [DVD] -
イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 [DVD] -


大人気ドラマ「シャーロック」の、ベネディクト・カンバーバッチ主演です。
「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」(原題: The imitation game)は、第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>に挑んだ天才数学者アラン・チューリングの話で、これも「リリーのすべて」同様、実在した人物をもとにしています。

英国政府が50年以上隠し続け、その存在を抹殺されていたゆえに、知名度がまったくなかったチューリングが、どんだけ凄い人だったのかが骨身に染みてわかる映画。

アラン・チューリングが同性愛者であったことが、この映画のキーになっています。
キリスト教がバックボーンにある西洋文明の偏狭な部分ですけど、同性同士の性的接触は近年まで「犯罪」であり、教授職にあったチューリングは男娼を買ってたことで足元をすくわれて気の毒なことになっちゃうんですが(そういう部分の生々しい描写などは一切ないので、苦手な人でも問題ない)、彼が成し遂げた偉業が公に認められて本当によかった・・遅すぎはしたけれども。

ナチスにエニグマという難攻不落の暗号があったことも、英国がその解読に秘密裡に成功していたことも、私はまったく知りませんでした。なんかもう呆気にとられるしか。

スターリングラード攻防戦とかの、歴史に残る酸鼻な戦闘に関する暗号も実は事前に解読されていて、連合軍を陰から勝利に導いたのが暗号解読チームだったなんて!

しかもドイツ軍に解読の事実を悟らせないよう、どの攻撃は放置してどの攻撃に応戦するってことまで机上で計算してたのに隠し通していたなんて! つまり味方をあえて見殺しにする苦渋の決断もしてたわけで。

この映画見てると、どの国家も国民に嘘をつきとおすものなんだとわかります。
国の言うことを一から十まで信じちゃいけませんねー、原発のことだってそうですよ。肝に銘じなきゃ。

いやー、スリリングでゾクゾクしました。
心臓に悪いドキドキハラハラのエンターテイメント性もありながら、1人の人間の愛と人生のお話でもありました。これを二時間弱でおさめたのはさすがプロの技。

それにしてもベネディクト・カンバーバッチ、本当にまあなんて演技力でしょう!
シャーロック役でも天才探偵の奇人演技が素晴らしく、この映画でもドのつく傍若無人ぶりを発揮してはいるけど決して超人ではなくて痛々しい。哀しい。そして偉い。

同僚と仲良くなろうとしてリンゴを渡すところ、なんだか可愛かったなあ。
同僚、いい人たちとは思うけど、アランにあんなひどい扱い受けたのにリンゴひとつで許すのはちょろすぎないかい。

posted by KIKI歌野 at 08:16| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

2017年4月期ドラマについていろいろ

今期のドラマの覚書をひとつ。
勝手なことを書き散らかしていますが、あくまで個人の意見ですのでご容赦を。
今期は絶対的なワクワク感不足で悲しい・・・けれど、それなりに楽しんで拝見しております。


ツバキ文具店 〜鎌倉代書屋物語〜

依頼人の代理で手紙を書く、「代書屋」という一風変わった仕事をする「ポッポちゃん」のお話です。
「デカワンコ」以来、多部ちゃん大好きな私ですが、このドラマでも可愛くて見惚れてます♪
依頼人の想いや手紙の相手との関係性を理解したうえで、ペン、インク、便せん、封筒、切手に至るまで丁寧に吟味し、依頼人になりきって手紙をしたためるポッポちゃんの清冽なたたずまいよ・・。
現在第四話まで放映済で、私が一番好きなのは第三話です。
「男爵」と呼ばれる偏屈な初老男性(奥田瑛二)に依頼されて、借金の申し込みを断る手紙の代書をつとめることになったポッポちゃん。
かつては気脈を通じたこともある旧友に送る、借金拒絶の手紙。
若い女性が、頑固で気骨のある熟年男性になりきって書いた文章の見事さに唸らされました。
拒絶でありながら親愛の情にあふれたその手紙は「呵々」で締めくくられていました。「呵々大笑」の呵々で、あははと大笑いするさまを表しているそうです。新鮮!
派手さはないけれども品格のあるドラマで、好きです。


リバース


港かなえ原作のミステリーです。原作未読。
現在と10年前を行ったり来たりする手法は、「Nのために」の二番煎じっぽいと思いつつも、なかなかにひき込まれるものがあります。
藤原竜也がどんくさくて冴えない男の役ってどうよと首を傾げたけれど、気弱で優しい感じが板についてます。やはり芸達者ですね〜。
玉森裕太も結構いいなあ。一見クールだけど職務には熱い高校教師にちゃんと見えます。
そして小池徹平。
第一話でとっくに死んでたのが軽い衝撃でしたが、魅力的なキャラなので今後も活躍(?)してくれるのではと期待。
しかし徹平くん、いつまでそんなに可愛いつもりなんだ! もうこのままあと10年20年いっちゃってほしい。
安っぽい展開ではなく、武田鉄矢とか片平なぎさとか、脇を固めるベテランキャストもきちんとはまってるので、今後も地味に楽しみです。 
深瀬(藤原竜也)の恋人に戸田恵梨香を配したからには、彼女も広沢の死に関係していそうですね。



あなたのことはそれほど


TBS 火曜10時、「逃げ恥」「カルテット」の後釜は、蓋をあけてみれば共感できない不倫ドラマでした。
原作は未読。ベテランのいくえみりょう先生ですし、人気はあるのでしょうね。
波瑠演じるヒロイン(既婚)は夢見る夢子ちゃんで、長年好きだった相手との偶然の再会に「運命!」と舞い上がってしまい、なんと再会当日に肉体関係を持ってしまいます。もーそこで目がテン。
そこまでいれあげるほどの男か? ただのチャラ男にしか見えませんが・・・。
不倫に罪悪感のないヒロイン像って、ある意味新しさはあるかも。
こういうの生理的に受け付けない人多そうだけど、あくまでドラマはドラマってことで、今後どれくらい楽しませてくれるのか僅かながら期待しております。
どうでもいいけど「あなそれ」とかやめて。
「突然ですが、明日結婚します」も、「あすこん」って略されてたけど、略称が必要なほど話題にしてないし愛されてないし流行らないし。


母になる


3歳の時に誘拐されて行方不明になっていた息子と9年ぶりに奇跡の再会を果たすも、息子には別の、育ての母が存在していた・・・。
そこそこ面白いし、たぶん最終回までお付き合いするとは思いますが、ハマるほどでは。
ネットは「毎回号泣してます」の絶賛で埋まっているので、このドラマはお子さんのいらっしゃる方が観てこそ真価がわかるのかもしれない。
あと私、古くは「1リットルの涙」に涙を流せなかった人間なので、沢尻エリカと相性が悪いのか? 残念。しかし息子でもないコウを勝手に育てていた麻子が、やたらに可哀想な感じに描写されてるのなぜなんだ。
うまくいかない母子関係よりも麻子の事情が気になる。


貴族探偵

月9の起死回生をかけてフジが挑んだ意欲作。
キャストは豪華なんだけど、なんだろう、このボタンを掛け違えているようなチグハグさは。
謎解きに関しては、へーって思わないでもないんだけど。
特に犯罪再現ビデオの松重さん面白い!(孤独のグルメも放映中なのにお疲れ様です)
主役の相葉くん、とても頑張ってるけどごめん、たぶん執事役とかのほうがしっくりくる。
堺雅人なら3倍面白いんだろうけど、この脚本には出てくれないだろうなあ。
中山美穂のメイド役は「地味にスゴイ! 校閲ガール河野悦子」に出てた江口のりこで見たかった。
生瀬さん、滝藤さん、松重さんのお三方の力で何とかしてくれるかなという儚い期待を抱きつつ、次回も多分見ます。


posted by KIKI歌野 at 22:34| Comment(0) | ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。